文学館のご紹介 作家・人物紹介 講座・イベント情報 収蔵品紹介
川内文学マップ リンク トップページに戻る





豊かな自然に恵まれ、長い歴史を持つ川内の地は、多くの文学・芸術の表現者を輩出してきました。川内まごころ文学館は、これら先人の文化遺産を後世に伝え、川内という風土の持つ文芸的特色を明らかにするとともに、新たな文化の創造の場、そして21世紀の要請する心の交流の場として、平成16年1月30日、ここに開設されました。

●常設展示

 ・展示室1(2階)  〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜
  
 「有島芸術‐とくにの文芸の世界‐」と「郷土ゆかりの芸術家たちの世界」

 川内ゆかりの有島芸術三兄弟、特にの文芸資料を中心に白樺派の書や絵画など幅広く展示します。また、併せて作曲家・武満徹や画家、山口長男、与謝野鉄幹・晶子など郷土に関わりの深い芸術家たちの資料を展示する空間も設けています。 

          

 ・展示室2(1階)  〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜

 「改造社に残された作家二百余名の直筆原稿の世界」
 日本文化に旋風を巻き起こした川内出身の大ジャーナリスト山本實彦の足跡と、實彦主宰の総合雑誌「改造」に寄せられた芥川龍之介、谷崎潤一郎をはじめとする近代文学者たちの直筆原稿・資料を展示しています。




●休館日

 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)  ※館内くん蒸等により臨時休館する場合がございます。
●開館時間  9:00〜17:00(入館は16:30まで)    ※多目的映像ホールの催しは夜間もご利用いただけます(21:30まで)
●駐車場     約40台(無料)
●料金表  

 入館料は以下のとおりです。隣接する川内歴史資料館との共通券もありますので、併せてご利用ください。

 
川内まごころ
文学館
川内歴史資料館
共通
一般・大学生(単位:円)
300(240)
400(320)
小・中・高校生(単位:円)
150(120)
200(160)

※土・日曜日及び祝日は小・中学生・高校生の入館無料

※()内は20名様以上の団体料金です。

●年間パスポート

格安の料金で一年間、何回でも入館できる「年間パスポート」を発行しています。

 
川内まごころ
文学館
川内歴史資料館
共通
一般・大学生(単位:円)
600
900
小・中・高校生(単位:円)
300
400

※有効期限は発行日から一年間です。

●入館料の免除について

入館料が免除される場合があります。下記をご覧ください。

(1) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条に規定する身体障害者手帳、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第 45条に規定する精神障害者保健福祉手帳、療育手帳又は原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律施行規則(平成7年厚生省令第33号)に基づく医療特別手当証書、特別手当証書、原子爆弾小頭症手当証書、健康管理手当証書若しくは保健手当証書の交付を受けている者(1級から4級までの身体障害者手帳又は療育手帳の交付を受けている者にあっては、付添人1人を含む。)がその身分を証する書面を提示して入館するとき。
 ※提示のみ 申請書不要

(2) 教育課程に基づく学習活動として入館する市内の小学校、中学校及び高等学校の児童及び生徒並びに引率者
 ※要申請書

(3) 日曜日、土曜日又は国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に入館する小学校の児童若しくは中学校若しくは高等学校の生徒又はこれらに準ずるものとして、教育委員会が認める者

(4) 前3号に掲げる者のほか、市長が適当と認める者
 ※事前にお問い合わせください

                                 薩摩川内市川内まごころ文学館条例施行規則第5条より


  

●各部屋の利用について

川内まごころ文学館では、企画展示室と多目的映像ホールを文学館の行事で使用する期間を除いて一般の方がご利用いただけます。
なお、ご予約・お申し込みは、利用日の3ヶ月前から承ります。詳細については文学館までお問い合わせください。

 
・企画展示室

 展示用照明やピクチャーレール、展示ウォールを付設した173平方メートルの展示空間です。美術展や書道展、写真展などの市民ギャラリーとしてもご利用できます。
          
 

・多目的映像ホール

 映画館として本格的な映像・音響機器を設置した約100席のミニシアターです。市民シアター、各種演奏会、講演会等にもご利用いただけます。

    

  ●施設使用料●
                                        
 
区    分
午 前
午 後
一  日
夜 間
企画展示室
  (単位:円)
入場料等を徴収しない場合
2,850
2,880
4,400
入場料等を徴収する場合
3,960
4,000
6,080
多目的映像ホール
 (単位:円)
入場料等を徴収しない場合
2,850
2,880
4,400
2,880
入場料等を徴収する場合
3,960
4,000
6,080
4,000

 

     当館刊行の図録を販売しております。

タ イ ト ル

体  裁

価 格 

 文学館オープニング図録

 A4版 

 300円

 直筆原稿収蔵図録

 A4版

 1,000円 

 新有島三兄弟展図録

 A4版 

800円 

 鹿児島を旅した作家たち図録

 A4版

 1,000円

 直筆原稿収蔵図録 2

 A4版

 1,000円

 薩摩川内の文芸図録

 A4版

 1,000円

 有島三兄弟それぞれの青春

B5変形版

800円 

 夏目漱石−漱石山房の日々−

 B5版

 300円

 直筆原稿収蔵図録 3

 A4版

800円 

 有島三兄弟と父の郷里(ふるさと)

 A5版

 300円

 山本實彦クロニクル

A5版

300円

        当館オリジナル下敷き200円も来館記念,おみやげにどうぞ!!
              
 

 川内まごころ文学館オリジナル一筆箋 
一筆箋 『改造』 (カラー・縦書)
  『改造』ゆかりの作家5名(芥川龍之介・川端康成・谷崎潤一郎・
  林芙美子・与謝野晶子)の署名がデザインされています。

一筆箋 『』 (モノクロ・横書)
  那須良輔が描いたのイラスト入りです。
                                価格 350円

 


 

アクセス
■JR(九州新幹線使用)
     ※時間は最短のもの
   博多〜川内 1時間15分
   長崎〜川内 3時間3分
   熊本〜川内 36分 
■エアポートシャトルバス
   鹿児島空港〜川内
            1時間10分
■自動車
   芦北IC〜川内 約2時間
   横川IC〜川内 約1時間
川内駅から車で7分
くるくるバスをご利用の場合は,「歴史資料館前」で下車