文学館のご紹介 作家・人物紹介 講座・イベント情報 収蔵品紹介
川内文学マップ リンク トップページに戻る





芥川龍之介

出 生 地  東京都
生没年月日 明治25年3月1日 〜 昭和2年7月24日
流  派 新現実主義/新思潮派
略  歴 

小説家。東大在学中、友人達の影響を受け創作を開始し、第3次「新思潮」に参加。1915(大4)年、『羅生門』を発表、その後夏目漱石の門に入る。翌年発表した『鼻』が漱石の称賛を受け、文壇の注目の的となる。続いて発表した『芋粥』『手巾』で、彼の文壇における地位は確固たるものとなった。以降も『戯作三昧』『地獄変』『奉教人の死』『河童』『歯車』をはじめとした、多彩な短編小説を次々と発表し、大正時代を代表する作家に上り詰めた。しかし、体調の著しい悪化と精神の衰弱が重なって、27年(昭2)、服毒自殺した。