文学館のご紹介 作家・人物紹介 講座・イベント情報 収蔵品紹介
川内文学マップ リンク トップページに戻る





有島生馬
出 生 地  横浜
生没年月日 明治15年11月26日 〜 昭和49年9月15日
流  派  
略  歴 洋画家。本名・壬生馬(みぶま)。別号・十月亭。兄に有島武郎、弟に里見ク。大学卒業後、藤島武二に入門。その後、留学した欧州でセザンヌに出会い深い感銘を受け、以降印象派風の作品を描く。帰国後は「白樺」に『画家ポール・セザンヌ』を連載、また、白樺社主催で南薫造との滞欧画展を開く。1914年の二科会創設の一員。1935年帝国美術会員となり、二科会を退く。翌年一水会を創設した。長年の功績が認められ1964年に文化功労者を受賞。代表作に「鬼」、「熊谷守一像」。