文学館のご紹介 作家・人物紹介 講座・イベント情報 収蔵品紹介
川内文学マップ リンク トップページに戻る





林芙美子

出 生 地  山口県下関市
生没年月日 明治36年12月31日 〜 昭和26年6月28日
流  派  風俗小説/中間小説
略  歴 

小説家。本名・フミコ。1922年、女学校卒業後に上京。職を転々としながら、詩や童話を書きつづける。その間に、萩原恭次郎をはじめとしたアナーキスト作家と交流、影響を受ける。30年、「女人芸術」に連載された『放浪記』を出版。ベストセラーとなり、一躍人気作家となる。戦時中は従軍記者として各地を歴訪。戦後は、それまで以上に精力的に活動し、『放浪記』第3部、『晩菊』、『浮雲』など名作を次々と発表した。しかし、1951年、多くの連載を抱えたまま、心臓の疾患が原因で急死した。