文学館のご紹介 作家・人物紹介 講座・イベント情報 収蔵品紹介
川内文学マップ リンク トップページに戻る





菊池寛

出 生 地  香川県高松市
生没年月日 明治21年12月26日 〜 昭和23年3月6日
流  派 新現実主義/新思潮派
略  歴 

小説家、劇作家。本名・寛(ひろし)。京大在学中に第3次・第4次「新思潮」に参加。地道な創作活動を続け、1918(大7)年『忠直卿行状記』が認められ作家としての足がかりをつかむ。明快なテーマと構成に基づいた歯切れの良い短編小説を得意とした。主な作品に『恩讐の彼方に』、『真珠夫人』など。<生活第一、芸術第二>の信条から、実業家としても優れた業績を残しており、その際たるものが23(大12)年に創刊した雑誌「文芸春秋」。また、芥川賞・直木賞・菊池寛賞などを創設し、後進の育成にも努めた。