文学館のご紹介 作家・人物紹介 講座・イベント情報 収蔵品紹介
川内文学マップ リンク トップページに戻る





萬造寺斉

出 生 地  日置郡羽島村 (現 いちき串木野市羽島)
生没年月日 明治19年7月29日 〜 昭和32年7月9日
流  派  明星派
略  歴 

歌人・小説家・英文学者。串木野羽島に生まれる。高等学校生時代から作歌をはじめ、与謝野鉄幹の新詩社「明星」に加わる。続いて「スバル」に参加したのち、幾つかの雑誌を創刊しているが、特に昭和6年に創刊した歌誌「街道」は他の雑誌と比べて発行年数が長く、萬造寺斉が最も情熱を傾けた雑誌といえる。生前は、その当時の流行もあって歌壇においては控えめで目立たない存在であったが、死後その歌は詠みなおされている。