文学館のご紹介 作家・人物紹介 講座・イベント情報 収蔵品紹介
川内文学マップ リンク トップページに戻る





三好達治

出 生 地  大阪府
生没年月日 明治33年8月23日 〜 昭和39年4月5日
流  派  モダニズム→四季派
略  歴 

詩人。 友人達の影響を受け詩作を開始し、同人誌「青空」や詩誌「椎の木」などに作品を発表。1930(昭5)年に第1詩集『測量船』を刊行し、詩人としての地位を確立する。34(昭9)年、堀辰雄らと共に第2次『四季』を創刊。俳句的な自然描写の四行詩から、人生に対する思いを詠った詩風への推移がみられる。その後、詩集『艸千里』『一点鐘』を刊行。詠嘆的な文語調の詩風を強める。この傾向は、戦時中に多くの戦争詩を書いたことと深く関連している。戦後も、52年刊行の詩集『駱駝の瘤にまたがって』をはじめとする数々の作品を発表した。その範囲は詩作に留まらず、随筆や評論にまで及ぶ。