文学館のご紹介 作家・人物紹介 講座・イベント情報 収蔵品紹介
川内文学マップ リンク トップページに戻る





武者小路実篤

出 生 地  東京都
生没年月日 明治18年5月12日 〜 昭和51年4月9日
流  派 反自然主義/白樺派
略  歴 

作家。本名同じ。1910(明43)年の「白樺」創刊に参加し、その中心的な作家として活躍する。創刊当初はトルストイの自己犠牲と禁欲の精神に傾倒していたが、後にそれを脱する。自己の要求をありのままに受け入れ、自我・個性の無限の発展が人類普遍の善につながるという楽天的自己肯定の精神を主張。平明な言葉と虚飾のない文体が、多くの支持を集めた。主な作品に『お目出たき人』、『友情』、『愛と死』、『その妹』など。