文学館のご紹介 作家・人物紹介 講座・イベント情報 収蔵品紹介
川内文学マップ リンク トップページに戻る





斎藤茂吉

出 生 地  山形県
生没年月日 明治15年5月14日 〜 昭和28年2月25日
流  派 アララギ派
略  歴 

医師、歌人。一高時代、正岡子規の歌を読んで作家を志す。東京医科大学在学中の1906年、伊藤左千夫に師事。08年の伊藤左千夫を中心に短歌誌「アララギ」創刊に参加、以降亡くなるまでその中心的役割を担った。「古今和歌集」よりも「万葉集」を評価し、万葉調の作歌を目指した。また、大正9年に発表した「実相に観入して自然・自己一元の生(=いのち)を写す」という<実相観入>の説は、終生、斎藤茂吉の短歌理論の礎となった。主な作品に『赤光』、『あらたま』、『白き山』などがある。