文学館のご紹介 作家・人物紹介 講座・イベント情報 収蔵品紹介
川内文学マップ リンク トップページに戻る






出 生 地 横浜
生没年月日 明治21年7月14日 〜 昭和58年1月21日
流  派 反自然主義/白樺派
略  歴  小説家。本名・山内英夫。兄に有島武郎・生馬。1910(明43)年の「白樺」創刊に参加。泉鏡花に傾倒し、白樺派のなかでも特に現実主義的傾向が強い。短編小説の妙手で、人間心理の細やかな分析と描写は秀逸。それゆえ<小説家の小さん>と称される。主な作品に『善心悪心』、独自の<まごころ哲学>を披露した『多情仏心』、実家の有島家を題材とした『安城家の兄弟』、『極楽とんぼ』などがある。