文学館のご紹介 作家・人物紹介 講座・イベント情報 収蔵品紹介
川内文学マップ リンク トップページに戻る





高浜虚子

出 生 地  愛媛県松山市
生没年月日 明治7年2月22日 〜 昭和34年4月8日
流  派 日本派→ホトトギス派
略  歴 

俳人、小説家。本名・清。同校の河東碧梧桐と共に学校を中退、上京。正岡子規の門下生となる。1898(明31)年、経営難に陥っていた松山の雑誌「ホトトギス」を継承し、紙面を一新して発行。以降、晩年まで「ホトトギス」は虚子の文筆活動の中心となる。一時、俳句から離れ小説執筆に没頭するが、1912(明45)年に俳壇復帰。復帰後は、河東碧梧桐の新傾向俳句運動に対抗して、定形と季語とが整った俳句を守ることを訴えた。27(昭2)年には、「俳句の目的は花鳥風月を諷詠することにある」とし、<花鳥諷詠>を説いた。虚子の下には時代を問わず多くの門下生が集い、水原秋桜子や山口誓子をはじめとした、優れた俳人を数多く輩出した。