文学館のご紹介 作家・人物紹介 講座・イベント情報 収蔵品紹介
川内文学マップ リンク トップページに戻る





山口長男

出 生 地  京城 (現 韓国ソウル)
生没年月日 明治35年11月23日 〜 昭和58年4月27日
流  派  
略  歴 

洋画家。1927年東京美術学校卒業後、佐伯祐三をしたってパリに渡る。31年、二科展に初入選。戦後、大画面による抽象の制作を開始する。54年、第一回現代日本美術展で「作品<かたち>」が優秀賞を受賞、62年には芸術選奨も受賞した。54〜74年、武蔵野美大教授を務める。色を多用しない、簡潔な画が特徴。「作品<かたち>」シリーズのような大規模な抽象作品においてはその傾向がさらに強調される。