文学館のご紹介 作家・人物紹介 講座・イベント情報 収蔵品紹介
川内文学マップ リンク トップページに戻る





山本實彦

出 生 地  高城郡水引郷大小路村 (現 薩摩川内市東大小路町)
生没年月日 明治18年1月5日 〜 昭和27年7月1日
流  派  
略  歴  出版人、政治家。大学卒業後、新聞界に入る。「門司新報」主筆、「やまと新聞」特派員を経て、1915(大4)年東京毎日新聞社社長に就任。19(大8)年、改造社を設立して総合雑誌「改造」を創刊。「改造」は日本の言論界における中心的雑誌の一つにまで成長を遂げる。26(大15)年に刊行が開始された『現代日本文学全集』63巻は爆発的人気を得て、<円本ブーム>の先駆けとなった。30年、衆議院議員に当選し、念願だった中央政界に進出。戦後は協同民主党初代委員長を務めた。