文学館のご紹介 作家・人物紹介 講座・イベント情報 収蔵品紹介
川内文学マップ リンク トップページに戻る





横光利一

出 生 地  福島県
生没年月日 明治31年3月17日 〜 昭和22年12月30日
流  派 芸術派/新感覚派
略  歴 

小説家。早大在学中から文筆活動を始める。後に大学を中退するが、この間に川端康成、菊池寛と交流を結ぶ。1923年に「文芸春秋」誌上で『蝿』『日輪』を発表。これにより一躍文壇で注目される存在となった。翌年、川端康成らと共に「文芸時代」を創刊、新感覚派と称される運動を展開した。主な作品に『機械』『上海』『紋章』『純粋小説論』『旅愁』などがある。